家は賃貸か購入か

家は賃貸か購入か
家は賃貸が良いのか、それとも購入するのが良いのか、といった論議が繰り広げられることが有ります。
住宅を購入すると言う事は一生涯の中で最も高い買い物をするのですから、頭金などを用意したり住宅ローンを支払って行く必要が在ります。
住宅ローンの支払いは、賃貸の住宅を借りた場合でも家賃として月々支払うわけですので、出費と言う観点においては同じことが言えるのです。
但し、家を購入する事で固定資産税を支払う義務が生じる事、家のメンテナンス費用が定期的に掛かると言う点は賃貸とは大きく異なる部分でもあるのです。
賃貸のアパートやマンションは人から借りている建物ですので、固定資産税と言う税金はかかりませんし、住宅のメンテナンス費用も必要が無いのです。
例えば、外壁塗装や屋根塗装と言う費用が賃貸には掛からないと言う事です。
しかしながら、住宅ローンを支払い終えた後と言うのは、ローンを組んで購入した住宅は自らの所有物となり財産と言う形になります。
ですが、賃貸の場合は家賃を支払うのみで自らの持ち物にならないと言う違いが有るのです。